2011年 09月 17日 ( 2 )

あしもと

e0159875_4354440.jpg

たくさんのものがつくられた
たくさんのものがこわされた
人も、うちも、ばらばらになった
この世界

こわして、つくって、またこわす
そういうのは、もう
子どもたちは、やめるだろう

これからは、かたづけと整理の時代
大切にするもの、捨てるもの
まだ使えるもの、つくりかえるもの
そうやって
考えながら、選択する
賢く、注意深く

それはそれは、気の遠くなるような
ながい、ながい作業を
私たちは、未来に残してしまった
[PR]
by umebayashi-gyoza | 2011-09-17 04:44 | 9月-夏から秋へ | Comments(4)

キューピーさん

e0159875_4342815.jpg
何に使うのか、いまだ不明のキューピーさん
保育所にあるんです。

保育士さんたちは、いろんな遊びで
子どもたちが飽きないよう
長い時間を過ごさねばならないんですね

ベテランの方ほど、たくさんのネタを持っています
若い先生方も、気がつくと歌を歌ったり、リズムをとったり
明るい声であいさつをするのも
子どもたちに教える大切なこと

子どもだけでなく、私が不安そうな顔をしていても
保育士さんたちは、結構感じ取って、話しかけてくれます
きっと、経験からわかるのでしょうね
介護、看護もそうですが、
ケアワークというのは
人間関係のプロでもあるのだなぁと改めて思います

明るく楽しそうに見えるけど、本当はすごく大変
子どもたちの食事に排泄、散歩、水浴びにお部屋での遊び、健康管理、保護者への連絡帳書き・・・
ゆっくり休んでるひまは、きっと1分もないんだろうなぁ
自分の子を別の保育所に預けて、仕事をしている人もいる
時間も長くて、体力も使う、すごい大変な仕事だなぁと思います
いのちとこころを預かっている人たちだから
やっぱり、予算や利益ですべてをはかることはできない
時間にも余裕を持って、人員配置もしていただきたいなと思います
[PR]
by umebayashi-gyoza | 2011-09-17 04:33 | 9月-夏から秋へ | Comments(2)

過ぎてゆく日々に。通りすがりに、一言。


by umeko
プロフィールを見る
画像一覧