カテゴリ:12月、師走( 17 )

誰が覚えているものか

あの家にいたころのことを
彼はすっかり忘れてしまって
今の新しい環境に生まれたときからいるような
得意気な顔をしている

それはそれで、よかったのだ、と思う。

うん、そう、よかったのだけれど
私と一緒に、離れた場所への思いを語る人は
いないのだな
あの景色を、同じ映画を見た人のように
話してくれる人はいない

いや、考えてみれば
彼にだって
覚えていないけれど、きっと
喪失感はあったはず
お気に入りの絵本も、テーブルも
通っていた保育園の先生にも
サヨナラを言えずにいたことの

あのまっさらな心が
そんな不条理を抱えていたら
生きていけないから
忘れたのだ
彼は
忘れることにしたのだ
忘れることが、彼の
幼いながらの抵抗かもしれない

今ごろは、吐く息も白くて
あの道の月はキーンと、凍っているのだろうね
そんなこと
誰が覚えているものか
e0159875_134467.jpg

[PR]
by umebayashi-gyoza | 2015-12-01 13:04 | 12月、師走 | Comments(0)

陽光

もう、あの家にはいないのだ
誰も、いなくなったのだ。

細く柔らかい、12月の陽の光や
冷たい朝の空気
夏草の生い茂る庭にも
紅葉の落ちる道にも

忙しくて、考えている間もありません
思い出なんて、たぐるより
前に進むので、精一杯
いつも笑って、そう言うことにしているけれど

行間に入り込む、寂しさを
誰とどう、分かち合うのか
ため息に潜む、切なさを
編み込むほどの毛糸もなくて

新しい冬が来て
気持ちは満杯

なのにふと隣を見ると
あのころの景色が待っている
食べかけのパンの袋が笑っている
鍋の中のスープもぬくもっている

日の当たる場所、聞こえますか
そこに私がいたこと、覚えていますか
e0159875_12493049.jpg

[PR]
by umebayashi-gyoza | 2015-12-01 12:49 | 12月、師走 | Comments(0)

時間!

もう、12月なのですよ。
なんということ。

e0159875_17335216.jpg

[PR]
by umebayashi-gyoza | 2014-12-03 17:34 | 12月、師走 | Comments(0)

ふつうのせかい

ゆめのなかではいつも
ふつうのせかいをあるいている

へいぼんで、つまらない
たいしたこともおこらなければ
大事件もない

ふつうのせかい


e0159875_14121313.jpg

[PR]
by umebayashi-gyoza | 2011-12-01 14:12 | 12月、師走 | Comments(4)

ベンチの置き土産

ひろったのだあれ?
ここにおいてったのだあれ?

e0159875_119129.jpg

[PR]
by umebayashi-gyoza | 2010-12-27 11:09 | 12月、師走 | Comments(2)

高校のグラウンド
誰もいないテニスコート
ちっとも変わらない、なんて
思い上がりもいいところ
またすぐ顔を出すつもりで
遠ざかったままで

みんな、どこに行ったのかな

e0159875_113226.jpg

[PR]
by umebayashi-gyoza | 2010-12-27 11:05 | 12月、師走 | Comments(0)

季節の向こう側

冬には夏の
     ………
      夢を見る
e0159875_2320587.jpg

[PR]
by umebayashi-gyoza | 2008-12-30 23:21 | 12月、師走 | Comments(7)

旅—三国駅

息せきて
きらめく朝の人ごみに
必死に見つけた、君の学ラン

e0159875_0173166.jpg


神戸、大阪に出かけてきました。
見知らぬ街の日常の風景に、不思議なタイムスリップを感じたり。
[PR]
by umebayashi-gyoza | 2008-12-24 23:56 | 12月、師走 | Comments(4)

茅場町

おかえり、おかえり
今日のしごとはどうだったかい?

e0159875_9115792.jpg

[PR]
by umebayashi-gyoza | 2008-12-16 09:27 | 12月、師走 | Comments(8)

もうすぐ


あれはいつのクリスマス
たくさんの花束とシャンパン
豪華なプレゼントと
金色の飾りの真ん中で
来ない人を
待ち続けていたのは…

e0159875_14545611.jpg

[PR]
by umebayashi-gyoza | 2008-12-15 14:58 | 12月、師走 | Comments(3)

過ぎてゆく日々に。通りすがりに、一言。


by umeko
プロフィールを見る
画像一覧