誰が覚えているものか

あの家にいたころのことを
彼はすっかり忘れてしまって
今の新しい環境に生まれたときからいるような
得意気な顔をしている

それはそれで、よかったのだ、と思う。

うん、そう、よかったのだけれど
私と一緒に、離れた場所への思いを語る人は
いないのだな
あの景色を、同じ映画を見た人のように
話してくれる人はいない

いや、考えてみれば
彼にだって
覚えていないけれど、きっと
喪失感はあったはず
お気に入りの絵本も、テーブルも
通っていた保育園の先生にも
サヨナラを言えずにいたことの

あのまっさらな心が
そんな不条理を抱えていたら
生きていけないから
忘れたのだ
彼は
忘れることにしたのだ
忘れることが、彼の
幼いながらの抵抗かもしれない

今ごろは、吐く息も白くて
あの道の月はキーンと、凍っているのだろうね
そんなこと
誰が覚えているものか
e0159875_134467.jpg

[PR]
by umebayashi-gyoza | 2015-12-01 13:04 | 12月、師走 | Comments(0)

過ぎてゆく日々に。通りすがりに、一言。


by umeko
プロフィールを見る
画像一覧