みずのくにのこどもたち

きのうのことは
うそみたいだ

楽しかった夏祭り
しれっと冗談だけ言って
不都合なことは一切
スルーしたね

つづくよ、つづく
2016年の夏はまだ

ずっとずっと
つづいていくんだよ

e0159875_22472285.jpg
[PR]
# by umebayashi-gyoza | 2016-08-17 19:26 | 8月-太陽の季節- | Comments(0)

過ぎていく

忙しいと 言ってるうちに 年とるよ
e0159875_1851572.jpg

[PR]
# by umebayashi-gyoza | 2016-08-17 18:52 | 8月-太陽の季節- | Comments(0)

反抗期

僕は勉強ができない
体育も、好きじゃない。
だからみんなは僕を
ただのウスノロと思ってる

3学期の体育館は
まだうすら寒いのに、春のにおい
この生あったかい感じがたまらなく嫌だ

あのムカつくやつも
あっちのうざいのも
全部、いなくなりゃいい

イライラしている僕は
モテたりなんか、絶対にしない
はっ、だから?

「世の中」なんかはすに見て
薄ら笑いを浮かべてやるさ
ずっと、ずっと

e0159875_10435969.jpg

[PR]
# by umebayashi-gyoza | 2016-03-08 10:44 | 弥生-出会いの道、決別の朝 | Comments(0)

誰が覚えているものか

あの家にいたころのことを
彼はすっかり忘れてしまって
今の新しい環境に生まれたときからいるような
得意気な顔をしている

それはそれで、よかったのだ、と思う。

うん、そう、よかったのだけれど
私と一緒に、離れた場所への思いを語る人は
いないのだな
あの景色を、同じ映画を見た人のように
話してくれる人はいない

いや、考えてみれば
彼にだって
覚えていないけれど、きっと
喪失感はあったはず
お気に入りの絵本も、テーブルも
通っていた保育園の先生にも
サヨナラを言えずにいたことの

あのまっさらな心が
そんな不条理を抱えていたら
生きていけないから
忘れたのだ
彼は
忘れることにしたのだ
忘れることが、彼の
幼いながらの抵抗かもしれない

今ごろは、吐く息も白くて
あの道の月はキーンと、凍っているのだろうね
そんなこと
誰が覚えているものか
e0159875_134467.jpg

[PR]
# by umebayashi-gyoza | 2015-12-01 13:04 | 12月、師走 | Comments(0)

陽光

もう、あの家にはいないのだ
誰も、いなくなったのだ。

細く柔らかい、12月の陽の光や
冷たい朝の空気
夏草の生い茂る庭にも
紅葉の落ちる道にも

忙しくて、考えている間もありません
思い出なんて、たぐるより
前に進むので、精一杯
いつも笑って、そう言うことにしているけれど

行間に入り込む、寂しさを
誰とどう、分かち合うのか
ため息に潜む、切なさを
編み込むほどの毛糸もなくて

新しい冬が来て
気持ちは満杯

なのにふと隣を見ると
あのころの景色が待っている
食べかけのパンの袋が笑っている
鍋の中のスープもぬくもっている

日の当たる場所、聞こえますか
そこに私がいたこと、覚えていますか
e0159875_12493049.jpg

[PR]
# by umebayashi-gyoza | 2015-12-01 12:49 | 12月、師走 | Comments(0)

過ぎてゆく日々に。通りすがりに、一言。


by umeko
プロフィールを見る
画像一覧